イギリス・ケンブリッジ1年生活記録

ケンブリッジに1年間住んでみた気付き、感想を載せていきたいと思います

ケンブリッジ大学の仮面舞踏会@Queens' college

さて、今回は過去に行ったケンブリッジ大学のFormal dinnerについて、写真を入れつつ振り返っていきたいと思います。

他にも書ききれていないFormal dinnerの話があるので、追い追い書いていこうと思います。

 

表題の通り、Queens' collegeで開催された仮面舞踏会(masquerade)に行ってきました。

Formal dinnerは、カレッジが主催する通常の場合に加え、学生主催のパーティーやNGO団体が主催するパーティーがあります。

今回は学生主催のパーティーでした!

ドレスコードは、男性がタキシード、女性がイブニングドレス。

私は、いわゆるロングドレスを持っていないので、(日本の)結婚式参列用のワンピースを着用。

 

自論ですが、女性のドレスコードについては、イブニングドレスであっても、ロングである必要はないかなと思います。(そこまでこだわらなければ…ちなみに周りの大学生は、ゴージャスな子もいれば、控えめな子もいます。でも、相手の身なりはそこまで気にしてないかと。)

写真映えを狙ってドレッシーなものが良ければ、イギリスで購入した方がデザインが優れていたり、現地の雰囲気に馴染みやすかったりするので、こちらに来てJohn Lewisだったり、TK Maxxだったり、アウトレットだったりで購入するのがよいかと思います。そこそこなお値段で質のいいドレスが買えます。

 

男性は、普段のFormal dinnerであればスマートカジュアルやスーツ(学生であればその上にガウンを羽織る)ですが、こういった少し特別なformal(あとはMay ball)はタキシード必須(いわゆるBlack tie)と言われることがあります。

びっくりなことに、そんな条件でも学生はタキシードを持っている様子…これがイギリススタンダード?!

借りてるのかなとも思ったんですが、皆さん身体にぴったりフィットしたものを着用してるので、おそらく自前だと思われます。

 

タキシードについてはレンタルがあると聞いたことがありますので、もしご参加する方はそういったサイトも探してみるといいかも。

もしくは、冬のバーゲンでJohn Lawisで3万円台くらいでタキシードがあったので、そういったセールで探すのもアリかもしれません。

あと、ヴィスタービレッジのHugo bossでも4万円くらいのタキシードがありました。

 

話は逸れましたが、仮面舞踏会はQueens' collegeで行われました。

f:id:melonpandax:20200609215731j:image

Queens' collegeには、Formal hallが2つあり、こちらは古い方のホール。見ての通り、豪華絢爛で、他のカレッジよりも断トツで華やかだと感じました。

 

そうそう、仮面舞踏会なので皆さん仮面をつけることが必須でした。

ちなみにうちはTK MaxxとGrafton centreの近くにあるParty maniaで仮面を購入しました。(どちらも種類少なめ)

一方、他の参加者の仮面はめちゃくちゃオシャレ!おそらくネットで購入したのではないかと…!

特に女性はレースでできた仮面がオシャレ&使用率高めでした!

 

主催者の方ももちろん仮面をして。様になってます。

f:id:melonpandax:20200609220300j:image

 

メニュー&お料理たち

f:id:melonpandax:20200609220357j:image
f:id:melonpandax:20200609220349j:image
f:id:melonpandax:20200609220412j:image
f:id:melonpandax:20200609220354j:image
f:id:melonpandax:20200609220406j:image
f:id:melonpandax:20200609220403j:image
f:id:melonpandax:20200609220419j:image
f:id:melonpandax:20200609220416j:image

 

普段は食後のチーズは出ませんが、今回は少し豪華なパーティーだからかチーズとフルーツ+食後のワインがついてました。

 

大学生でこのクオリティのパーティーに参加するなんて…ケンブリッジ大学生恐るべしです!(これもテーブルマナー等習得する為の学習なのか!?)