イギリス・ケンブリッジ1年生活記録

ケンブリッジに1年間住んでみた気付き、感想を載せていきたいと思います

イギリスで一番おいしいアフタヌーンティー~CLARIDGES

 

1.渡英前/後のアフタヌーンティーの印象

渡英前のイギリスの食のイメージと言えば、あまり良いほうとまでは言えませんでしたが、アフタヌーンティーについては完全に別で、どこにいっても日本では食べられないようなハイクオリティーで美味しいものが食べられると期待していました。

 

渡英直後、その印象は覆り、イギリス(ケンブリッジ)のレストランやスーパーで提供される食べ物は想像以上に美味しく(たまにはずれもありますが)、一方で、アフタヌーンティーについては、ケンブリッジのダブルツリーバイヒルトンで体験したのですが、糖分の過剰摂取でぶっ倒れました。笑

(一応参考までに過去の記録。多分すごくオブラートに包んでる。)

 

melonpandax.hatenablog.com

 

その後、ケンブリッジではアフタヌーンティーを試すことなく(なんとなく、ああいうもんなんだと決めつけてしまった)、クリームティー(紅茶+スコーン+クロテッドクリーム・ジャム)で十分というスタンスでした。

 

しかし!旦那は、どうしても美味しいアフタヌーンティーが食べたいとの思いを捨てきれず、ロンドンになら探し求めているアフタヌーンティーがあるのではと探すことに。

 

2.イギリスの美味しいアフタヌーンティーを探す

有難いことに、ロンドン駐妻さんの情報がたくさん見つかり、自分のリサーチを総合すると、CLARIDGESとRITZのアフタヌーンティーが2大巨頭であるという結論に至りました。

現地のリアルボイス、記録、有難かったです!!!

 

3.CLARIDGESを選んだポイント

その中でも、CLARIDGESの方が制限が少ないと感じたので、CLARIDGESを選択しました。

※制限が少ないと感じたポイント

①時間制限がない(美味しいものをおなか一杯食べたい!)

②茶葉の交換ができる回数がRITZより多い(せっかくアフタヌーンティーだからお茶をいっぱい飲みたい!)

③お土産が多い(できればいっぱいスイーツを持ち帰りたいという欲)

 

行った時期は12月。

結論から申し上げますと、価格に対してのクオリティが伴っており、大大大満足なアフタヌーンティーでした。

 

4.CLARIDGESアフタヌーンティー・レポート

基本情報

・事前予約制(CLARIDGESのネットで予約可能。人気なので、結構先まで埋まっているので要注意)

・価格:一人£70 (Traditional Afternoon tea)〜

・ドレスコード:決まりはないですが、スマートカジュアル推奨。

(参考 

https://www.claridges.co.uk/restaurants-bars/the-foyer-and-reading-room/the-foyer-reading-room-faqs/)

 

当日のレポート

まず、環境・雰囲気。

ホテルの中は中世の貴族のお屋敷のような雰囲気。周りの人も、いかにもリッチな方が多い。

(入口)

f:id:melonpandax:20200611025049j:image

(テーブルセット)

ティファニーブルーの食器で統一されてて可愛い♪

f:id:melonpandax:20200610104439j:image

メニューも可愛い♪
f:id:melonpandax:20200610104425j:image

(店内)

大きいシャンデリアが目を引きます。

王室にいるみたい。
f:id:melonpandax:20200610104430j:image

 

食べ物は、一段ずつテーブルに運ばれてきました。

テーブルに置く食べ物が増えると、前のものからアフタヌーンティーらしいラックの上に段々と並べられていきます。

(サンドウィッチ)

どれも美味しかったです。特にハムのサンドウィッチが格別。

旦那は全種類おかわりしてました。笑
f:id:melonpandax:20200610104446j:image

 

(スコーン)

この形の整った横に割れ目のあるスコーンが食べたかった!!!

しっとりした生地にお上品な味わい。

本当はスコーンもおかわりしたかったけど!ケーキのためにセーブ!

でも写真を見返すと、やっぱり食べておけば良かったと思います。笑

f:id:melonpandax:20200610104421j:image

 

(ケーキ)

生ケーキが数種類。どれも濃厚で美味しいです。

お持ち帰りも可。
f:id:melonpandax:20200610104418j:image

こちらの大きいケーキは、たしか「ケーキの旅」という名前だったような(ちょっと違うかな)。

これだけ美味しいものがあって、最後にこのチョコレート生クリームがのったチョコレートブラウニー(ヘーゼルナッツも入って濃厚&香ばしい)が待っているのですが、それまでたどり着くのが難しいお客様が多いため、そのような名前が付けられたそうな。笑

我々はここまで食べきらず、お持ち帰りしました!

お持ち帰りをして食べられたのが嬉しい!
f:id:melonpandax:20200610104443j:image

スタッフさんがとても丁寧にサーブしてくれ、紅茶も茶葉の交換やお湯の追加などこまめに行ってくれました。

しかも、今回初めてきたと伝えたら、最後にケーキをサービスしてくれました。お心遣いに感謝!

f:id:melonpandax:20200610104459j:image

こちらはお土産のケーキと、お土産のファッジ。

パッケージが可愛い〜最後まで可愛い〜。
f:id:melonpandax:20200610104454j:image

 

めちゃくちゃセレブ感を味わって退出。

f:id:melonpandax:20200610104451j:image

 

とても貴重な経験ができました。

Claridgesもそろそろ営業再開するかと思いますが、ネット予約が混み合う可能性が高いので、気になった方はこまめにチェックしておくと良さそうです。(6月10日時点ではまだネット予約はできないようでした。)

 

我々は8月にRITZのアフタヌーンティーに挑戦する予定ですが、RITZはすでにネット予約の受付が始まっており、私がみたときにはすでに7月の土日のアフタヌーンティーの予約はほぼ埋まってました。

(人数制限の関係かもしれません。)

 

8月のRITZも楽しみですが、Claridgesは英国移住開始後初めて期待値を大幅に超えてくれたお店であり、この感動を超えることは難しく、個人的に英国アフタヌーンティーの中で不動の一位だと思われます。笑

また忘れられない素敵な思い出であることには変わらないです♪