イギリス・ケンブリッジ1年生活記録

ケンブリッジに1年間住んでみた気付き、感想を載せていきたいと思います

イギリスからフランスへのeurostar旅行レポ②

Disneyland Parisのこととあわせて、今回の電車のトラブルについて書いとこうと思います!

 

今回の旅の初めのトラブルは、

「帰りの電車がフランスのストにより一部運行中止となる。

→帰りの時間が2時間早い電車に自動的に振り替えられたこと」。

 

2泊3日旅で、初日の到着が、14時過ぎ。

帰りの出発が16時50分に。(元々は18時45分)

 

そして、eurostarのアナウンスによるとHPになっている該当の電車であれば、返金可能となってましたが、私達の乗る電車は対象外。

 

理由は、帰りはeurostarからの直通電車ではなく、1回乗り換えがあり、そのうちの1本の電車はeurostarではなく、べつの交通機関(SNCF:フランス国鉄)が運営しているため。

 

そのSNCFから一方的に旅行前日に、電車をキャンセルされ時間をずらされました。

 

私たちが買ったチケットはrefundなしなので、納得できなかったら泣き寝入り!?

 

そんなのは嫌なので、eurostarのカウンターで直訴することに。(旦那の出番です。)

 

ネットにはrefund対象では無かったものの、交渉して、無事に無料で電車を変えてもらいました!

妥協点として日程は1日後ズレさせましたー。(旅の楽しみを優先ということで…)

ただ、本来40ポンドかかる手数料もナシ!

しかも、直通電車に変えてもらえて!

席も選べて!

 

この3拍子で、かなり納得感のある結果になったなと思います。

 

日本人だと躊躇しちゃうけど、交渉って大事だね…

他のカウンターでも同じような交渉が繰り広げられてました。

 

ただ1点注意!

カウンター(窓口)は3席しかなく、うち当日稼働していたのは2席。

しかも私たちを担当していたおばさんは操作が分からんと言って、稼働している別のカウンターのお姉さんに操作を聞く始末。なんかOJT始まる。(なぜ今)

…となるとどんどん列が長くなってきます。時間がかかる…

 

しかも、そのあと、別のスタッフが登場し、雑談を繰り広げる…

と、日本人には理解できない行動多々あり…(多分、労働者ファーストだからかな。ん?)

 

話長くなりましたが、カウンターに行く際は余裕を持った方が良さそうです!

(一応、時間が余っても、eurostarの改札外は色々なshopがあり、充実していますので暇はつぶせます!

構内は充実してないand待つ時の席が少なかったです。)