イギリス・ケンブリッジ1年生活記録

ケンブリッジに1年間住んでみた気付き、感想を載せていきたいと思います

The Ritz Londonのアフタヌーンティーへ!

念願のリッツ・カールトンのアフタヌーンティーへ行ってきました。

 

前回、Claridge'sに行った際、下調べをさせて頂きまして、ロンドン駐妻さんたちの間で人気なのは、Claridge'sとThe Ritz Londonでした。

f:id:melonpandax:20200819113520j:image

エントランスから圧倒される豪華絢爛さ。

f:id:melonpandax:20200819111014j:image

 

アフタヌーンティーのティールームのシャンデリアが豪華。

ティールームはClaridge'sよりも狭いです。

f:id:melonpandax:20200819111120j:image

 

アフタヌーンティー

テーブルの上には、リッツづくし。

f:id:melonpandax:20200819111152j:image

アフタヌーンティーメニュー

f:id:melonpandax:20200819111148j:image

お茶は1回選びました。

他の種類もチャレンジ出来たかもしれませんが、ティーポットがかなり大きく飲みきれませんでした!

(飲みきらなくてもいいのかもだけど…Claridge'sは3種類ほど飲めました。)

f:id:melonpandax:20200819111638j:image

アフタヌーンティーが始まると、ピアノの生演奏が始まりました!

 

最初に来たのがこちら。ケーキとサンドウィッチ。

f:id:melonpandax:20200819111445j:image

サンドウィッチは、6種類!

どれも丁寧に作られていて、美味しかったです!

特に美味しかったのはトマトソースとチェダーチーズのサンドウィッチと、チキンのサンドウィッチ、ハムのサンドウィッチでした!f:id:melonpandax:20200819111505j:image

食べ終わると、おかわりのサンドウィッチが1人前分出てきました。

Claridge'sは好きなサンドウィッチを聞かれて、おかわりが出てくるので、そこは違いかな?

 

スコーンは後に出てきて、温かい状態で出してくれます。
f:id:melonpandax:20200819111430j:image

クロテッドクリームと苺ジャム。
f:id:melonpandax:20200819111510j:image

どちらも流石!のクオリティ。
f:id:melonpandax:20200819111440j:image
f:id:melonpandax:20200819111451j:image

 

三段プレートにのったケーキは3種類。

クッキーシュー。

いわゆる日本で売られているクッキーシュー。涙

冷たいし、カスタードクリームはクリーミー。甘すぎないので、パクパク食べられます。
f:id:melonpandax:20200819111456j:image

ブルーベリーチーズケーキ。

こちらも日本で売られているチーズケーキに近いです。

チーズクリームがあっさりしつつもチーズの味がしっかりしてます。中にブルーベリーソースが入っており、下のビスケットとよく合います。

f:id:melonpandax:20200819112109j:image

ベリー系のケーキ。

こちらは中にベリーソースとショコラムースが入っており、下のココアバスケットのダークさとよく合います。

f:id:melonpandax:20200819112112j:image

こちらもおかわりの単位は3種類全てくるシステムでした。

Claridge'sは好きなものを選んで注文するので、ここにも違いがあります。

 

また、追加で本日のケーキを食べるか聞かれまして(追加料金なし)、2種類注文。

苺のムースケーキ。

上記のケーキと違い、イギリスのケーキ!と言った感じ!

クリームも苺ジュレも甘〜く作られております。
f:id:melonpandax:20200819111435j:image

ラズベリーのスポンジケーキ。

スポンジケーキと言われましたが、パウンドケーキに近いような…

クリームが独特でした…
f:id:melonpandax:20200819111502j:image

 

サービス自体は、45分程度で終了。

必要であれば、お茶のおかわりやケーキ等のおかわりはできると思いますが、この日は他のお客さんはサービスが終わるとサクサク帰っていました!

(もちろんゆっくりしている人もいます)

 

アフタヌーンティーの味、特にケーキのクオリティが高くて、流石五つ星ホテルだなと思いました。

 

旦那はClaridge'sより、全体的に味のクオリティが安定しているThe Ritzの方が好みとのこと。

一方、私はClaridge's派で、ティールームが大きくゆったりできること、お茶の種類を変えられること、お茶のサーブはスタッフがやってくれること、雰囲気がゆったりしていること、サンドウィッチとスコーンがこちらの方が好みだった(ケーキは断然The Ritzだけど)ことが挙げられます。

 

これはもう好みですね!!!

それにしても、とっても贅沢な時間を過ごすことができ、感謝感謝です。