イギリス・ケンブリッジ1年生活記録

ケンブリッジに1年間住んでみた気付き、感想を載せていきたいと思います

初!イングリッシュブレックファーストに挑戦@Harriets

今までずっと尻込みをしていたのですが、初めてイングリッシュブレックファーストを食べました。

 

今回挑戦したお店はこちら。

Harriets

今回はBury St Edmundsの店舗に行きましたが、ケンブリッジにも同じお店があります!

 

Bury St Edmundsの店舗の方が大きめです!

f:id:melonpandax:20200813020443j:image

メニュー
f:id:melonpandax:20200813020500j:image

(参考 ケンブリッジのお店の外観)

f:id:melonpandax:20200813020602j:image

 

紅茶を売りにしているようで、独自のブランド紅茶がありました。

独自のブランドのものを2種類注文。
f:id:melonpandax:20200813020450j:image
f:id:melonpandax:20200813020505j:image

f:id:melonpandax:20200813020447j:image

紅茶に力を入れているとあって、クオリティはかなり高かったです。

店内飲食だと、おかわりのお湯を事前にもらえるのもポイント高し!

 

そして、お目当てのイングリッシュブレックファースト!

f:id:melonpandax:20200813020455j:image

今回は2人で1皿をシェアしたので、その分ソーセージは1本追加しました。

こちら通常価格は7.95ポンド。(プラスのソーセージは1ポンドくらいだったと思います。)

 

味の感想ですが、全体的に外れなく、良い意味でイメージ通りのおいしさでした!

初めて、このビーンズを食べたんですが、ケチャップベース?甘めのトマトソースで食べやすかったです。

ソーセージはお肉屋さんに売っているような本格的なもので、スパイシーで美味でした!

 

よくイギリスで聞く、イギリス人作家サマセット・マーム(フランス生まれ、10歳で渡英)の言葉、「イギリスで美味しい食事をとるならば3食朝食をとるべき。To eat well in England you should eat breakfast three times a day.」という意味も分からなくないなあと思いました。笑

 

よく言えば、「シンプル・イズ・ベスト」「素材の味が活かされている」(というかそのまま?笑)。

イギリスでは、手の凝ったものがハズレるものは大いにありますから…こういうシンプルなものの方が、シンプルに味わえる。笑

 

一方で、これだったら家で作れるから約8ポンドは高い〜。

ただ、やっぱりイギリスに住んでるからには1度は食べておいた方がいいかな、ということで良い経験になりました!