イギリス・ケンブリッジ1年生活記録

ケンブリッジに1年間住んでみた気付き、感想を載せていきたいと思います

ケンブリッジ大学・カレッジ巡り〜Corpus Christi college

過去に行ったCorpus Christi collegeについて書いていきたいと思います!

 

ケンブリッジ大学のカレッジの中でも、1352年設立と設立が古い方で、City centreから近いカレッジ。

f:id:melonpandax:20200507001527j:image
建物の真ん中にあるパールパンク色の時計がとても印象的で、建物の建築も細かい装飾があり見る目を奪われる程素晴らしいです!

入口の建物の天井には装飾と、真ん中にはカレッジの校章が。

f:id:melonpandax:20200507001537j:image

 

今回Corpus Christi collegeに入れたのは、NVSというボランティアグループが企画してくださった図書館ツアーに参加した為!

ということで、司書さんが図書館の中を案内してくださいました!(写真もokとのこと)
f:id:melonpandax:20200507001517j:image

古い書物がたくさんあり、ガラスのケースには歴史的書物があったり、電子版にした書物が閲覧できたりしました。

こちらは校章についての説明書き。
f:id:melonpandax:20200507001531j:image

学生が卒業する際に着るガウンなど、服装についての説明!(学部生か院生か、ドクターか等、服装が違う!)
f:id:melonpandax:20200507001524j:image

 

あと、印象的だったお話では、ケンブリッジで有名なパブ・イーグルの土地はCorpus Christi collegeが所有していて、イーグルのパブができる際、土地を貸す代わりに対価としてベーコンを差し出すように、という記述が残っているそう。一方、実際にベーコンを受け取ったという記述は残っておらず、現在も受け取っていないことから、真相は不明だそうです。

 

…英語が難しくなかなか聞き取れなかったのですが、こういった貴重なお話を聞くことができ、いい経験になりました!

 

あと、図書館ではないのですが、Corpus Christi collegeは建築年が古いことから、オンサイトのaccommodationの一部は風呂(シャワー)がなく、一旦外を出て別の建物のシャワールームに行かなければならないそう。冬の朝は、ガウンを着た学生が寒そうに外を走ってるのが印象的だ、なんで話が。(大変だ…!)

後に、実際にCorpusに住んでる友達に聞いてみましたが、その子は比較的新しい建物に住んでるから、シャワールームはあるよ!と言ってました!

カレッジのaccommodationでも、部屋に住める学年の対象を設けたり、部屋の価格帯が異なったりするので、学生にとっては部屋割りはドキドキですね〜。