イギリス・ケンブリッジ1年生活記録

ケンブリッジに1年間住んでみた気付き、感想を載せていきたいと思います

ラーメンは麺もスープも手作り!家でラーメン二郎(家二郎)を作る by旦那

ラーメンを作ることは、ラーメン用のスープの化学調味料を見つけることから始まり、チャーシューを作る、骨からスープをとる、お店の再現レシピに挑戦してみると進化を続けてきました。笑

 

家二郎も3回目のチャレンジ。

まず、今回の出来はこんな感じ!

(色味加工してないのですが、キャベツの色味がかなり鮮やかな緑です…!)

f:id:melonpandax:20200510011846j:image

 

旦那が抱えていた課題は、「麺を二郎ぽくする」こと。

M&Sの生パスタを重曹入りのお湯で茹でて、ラーメンぽくはできるけど、あの二郎のしっかりとした歯応えの低加水麺には程遠い。(まあこれは、ラーメンの中でも二郎系の麺が全く異なることであるからにして仕方ないことなんですが…!)

 

…ということで旦那、とうとう麺作りのフェーズに入りました。笑

 

YouTubeの発展、コンテンツの多様化のお陰で、二郎系の麺を再現するレシピは多く、そちらを参考にしながら作成したそう。

ちなみにうちは、パスタマシーンがないし、ラーメン製麺機ももちろんないので、麺の生地を伸ばす、圧力をかける、切るのにはかなり苦労したそう。

 

ただ苦労だけあって、見た目は二郎麺!!!

f:id:melonpandax:20200509115001j:image

 

スープはいつも通り豚骨を煮込んで、アブラ・チャーシューの肉・野菜を入れつつ12時間強煮込む。

かなり濃厚なスープが取れました。

f:id:melonpandax:20200509115059j:image

 

出来上がり。

今回はチャーシューを焼いてみたのですが、形が綺麗に保たれて良かったとのこと。

f:id:melonpandax:20200510013851j:image

 

肝心の麺ですが、歯応えの感じが二郎ぽいー!

f:id:melonpandax:20200510014132j:image

とはいえ、噛んだ時の力強さは二郎麺には及びません。

旦那曰く、製麺機で麺の生地を複合して麺帯を作れなかったのが要因ではないかとのこと。

「やっぱり小野式(製麺機)が必要だ…(至って真面目)」とボソッと言っているのですが、どうしましょう。笑

 

まあ結果今回も美味しかったので何よりです!