イギリス・ケンブリッジ1年生活記録

ケンブリッジに1年間住んでみた気付き、感想を載せていきたいと思います

イタリア旅行キャンセルと返金への道のり

これは3月下旬の話ですが、

4月中旬にRyanairを使用してイタリア旅行に行くことを予定していましたが、コロナの影響で飛行機が飛ばなくなり、Ryanair側からスケジュールの変更かr飛行機代の返金の選択肢が与えられました。

 

その際、こちらから、返金を希望し、返金手続きのためのapplication formを記入。

無事に記入を終え、Ryanairからは「20営業日以内に返金します。コロナの影響で返金手続きが増加し、ご迷惑をおかけします」とメールが来ました。

 

返金については急いでなかったのですが、そこから1週間おきにRyanairより「私たちは、コロナで大変な時期ですが、頑張って作業してます。」と報告メールを受け取ってました。

 

そして、6日前。

Ryanairよりメールが。

「コロナの影響で、政府が渡航を規制したことにより、我々のフライトの99%以上がキャンセルとなった。我々は顧客、スタッフ等のために最善を尽くし働いている。〜〜〜〜

そこで、あなたに返金分の金額のバウチャーを発行する。1年有効なので、以下のリンクから取得してください。」

 

どうやら、キャッシュでの返金手続きをしたのに、バウチャーが発行された模様。

 

…いやいや、現金の返金希望なんだが、と思いつつ、メールを読み進めると

 

「返金手続きをしたい場合は、こちらのリンクをクリックして、私たちに連絡をください。」

 

とのこと。

そこには、現金の返金手続きはできる、と書いてあるのに、具体的な手続きは明記されてません。

 

調べてみると、他の人にも同様のメールが届いている模様。

 

そして、RyanairのHPでは「現金での返金手続きを希望する人は、このコロナの影響が収束してから、お金を返す」と書いてありました。(2020/4/23しらべ。)

 

酷すぎる…収束とはいつを指すのか…

 

帰国時までに収束してなければ、銀行口座等は解約するので、返金されても戻ってこない。

 

困るな…

 

大変な時期なので、自分ができること、手続きできるものはやりますが、どうやら辛抱が必要そう…