イギリス・ケンブリッジ1年生活記録

ケンブリッジに1年間住んでみた気付き、感想を載せていきたいと思います

ケンブリッジ大学・Downing collegeでディナー

ケンブリッジ大学の教授とのご縁があり、Downing collegeのディナーにご招待頂きました。

 

f:id:melonpandax:20200305234848j:image

 

 Downing  collegeが設立されたのはちょうど1800年。

ケンブリッジ大学の31あるカレッジの中で、設立年数順に並べるとちょうど真ん中あたりであることから、「the oldest of the new colleges and the newest of the old」と言われているそうです。

 

教授方が使用される談話室の横には、福沢諭吉の肖像画が。

Downing  collegeは慶應大学との提携があるので、その関係で飾られているそう。談話室の入り口付近には、福沢諭吉のお札もありました!

f:id:melonpandax:20200305235650j:image

 

夕食の後は、談話室で教授の方とワインを飲みながら談笑。

ワインの種類は3種あり、その中でも印象的だったのが45年もののワイン…保存を利かせるため砂糖をたっぷり入れたもので、かなり甘く葡萄の果実感が鮮明に残っていました。今まで飲んだことがなく、とても美味しかったです。(名前を聞いたのに忘れてしまった…)

また、snuffという、お香のような粉末を鼻から吸い込む、といった、一種のタバコのようなものもトライさせてもらいました。(タバコではないですが、上手い訳が見つからず…すみません。)

ちなみに、このお香の粉を手の甲におくのですが、置く場所もオックスフォードとケンブリッジでは異なる、といった話を聞きました…面白い!

 

ダウニングカレッジの歴史(女性の受け入れが遅かったこと、女性の教授が少ないこと)や、教授の方々のサバティカル時の経験、今活動されていることなど貴重なお話が聞けて、とても良かったです。

こういった出会いに感謝感謝です。