イギリス・ケンブリッジ1年生活記録

ケンブリッジに1年間住んでみた気付き、感想を載せていきたいと思います

日本からイギリスに持ってきて良かったもの~手荷物編(個人的オススメ)

前回の記事に続きまして、手荷物編:個人的におススメする、持ってたらより良いものをピックアップしていこうと思います。

 

1.ベッドシーツ、枕、布団(これは、圧縮袋に入れて持参。)

2.日本食(出汁系。魚介類が入っているもの。お味噌汁のレトルト、ふりかけ、緑茶等・・・)

(わかりづらい感じですがうちが持ってきた一通りの日本食です。左下の袋に入っているのは片栗粉です。)

f:id:melonpandax:20200114030624j:image

3.100均の便利グッズ(袋を止めるクリップ、洗濯ネット、タッパー。まだ使ってないけど、私はお弁当用の抗菌シートと、プラスチックの可愛いピッグを購入)

4.コースター(机の輪染み防止)

5.しゃもじ

6.スニーカー/ぺたんこ靴(ケンブリッジは道がボコボコしてること有。また、良く歩くため)

7.シャツアイロン用のスプレーのり

8.ラップ

 

ベッドシーツ、枕、布団ですが、以下の経験から持ってきて良かったと思いました。

①新品は一度洗わなきゃいけないし、こっちでも種類があるけどありすぎて迷う・・・また機能性もよくわからず。

②引っ越し先で荷物の整理をした際に、ベッドメイキングをした際、ベッドは日本の環境と一緒で、安心感半端ない!と思いました!布団は結婚祝いにもらった羽毛布団でふかふかでして・・・それがまたリラックス効果を増しました。

 

ちなみにベッドパッドは現地で調達しました。持ち運ぶ際、上記3点は圧縮してどうにかなる一方、ベッドパッドはそれが難しかったのと、目に見えないところだしなんでもいいかなと。笑

 

日本食は、ケンブリッジにきちんとしたものが無い、といっても過言ではない為、できるだけ持ち込んだほうが良いと思います。

調味料類はこちらでも売ってますが、かなーり高値。(日本の倍以上といったところ)

また、それ以外にも、そもそも日本人が少ないので、これっていつ入荷してるんだろう・・・とか心配になることがあるかと。(最後は割り切りが大事なんですが)

特に、料理酒・みりん、和風だし(鰹節、といった魚介類)は航空便、船便での持ち込みができないといった制約があるので、手荷物で持ち運ぶしかないものは極力持っていくことをお勧めします。

制約は、英国政府のHPに載っているので、持っていくものはよく注意してください。

(肉類は手荷物でもNGと書いてあるので、そこで持っていきたくても持っていけないものが出てきます。)

 

100均の便利ショップについてですが、こっちでは100均に売ってそうなものが、結構なお値段で売っていることが多々あります。

100均に行って、これあったら便利かな?と思うものがあれば、購入しておくといいかも。

 

コースターは、こちらの住宅は家具付きが多いと思います。

うちは特に、木を基調とした家具が多かったのですが、キズを付けたら罰金(修理代を払う)というシステム。

家ではコーヒー、紅茶を飲むことがあると思いますが、コースターがないと、コップの輪染みがくっきりできます・・・

うちはたまたまコースターを持ってきてたのですが、これがまさかの大活躍!(日本ではあんまり使ってなかった)

友人を招待するとコースターは4枚とか必要になってくると思うので、布のコースター等、かさばらないものがあればスーツケースに忍び込ませておくと◎。

 

しゃもじですが、なぜかというとスプーン等で代用が効かないから!

うちは、スプーン2本を折り曲げてしまいました…

うちは木のしゃもじを使っているのですが、それがまたお米の風味を変えてくれるような気がして愛用しています!

 

スニーカー/べたんこ靴ですが、かなり重宝します。イギリスはよく雨が降るので、靴が濡れることも多々あり、替えがあると気持ち的に楽ですね。

また、フォーマルな会にでるのであれば、ぺたんこのバレイシューズとかあると便利です。

スニーカーについては、こちらでも安く購入できるので、隙間があれば、といった感じでしょうか。

 

シャツアイロン用のスプレーのりですが、こちらで優れた商品がありません。また、クリーニング店もかなり少ないので、自分でアイロンする機会が増えると思います。

ストレスフリーで綺麗にシワを伸ばすことを考えると、日本からスプレーのりを持参した方が良いのではないかと、こちらの生活でよく思います。

 

ラップについてですが、これは隙間があれば是非!というものです。こちらのラップは本当に質が悪いです。簡単に切れないし、レンジで温めると心配になるくらい溶けます。ストレスフリーという観点から、ラップをチョイスさせてもらいました。

 

私から言えることは、これくらいでしょうか・・・

また、思い出したら書き足していきたいと思います。